金利、限度額について

金利と上限額

キャッシングをする際に重要になるのが金利や借入限度額についてです。
金利はお金を借りる時に必ずついてくるものです。
借り入れの際に%で表示されている数字を目にすると思いますが、それが実質年率となります。
この数字と借入金額や借入期間を計算式に当てはめて計算すれば、毎月どれくらいの金利を支払わなければならないかを知ることができます。

 

限度額とは借りることができる上限額です。
消費者金融のカードローンは大体が500万まで借り入れができるようになっています。
しかしこれは誰でも500万まで借入ができるということではありません。
年収がそれなりにあり、高額融資をしても大丈夫だと判断されなければ高額の借り入れはできません。
最初から500万程の高額を貸してもらえることはあまりないので、最初は少額から申し込むことをおすすめします。

 

毎月きちんと返済を続ければ優良顧客と認められますので、借入上限額を上げませんか?というお誘いが来ます。
それを繰り返していくことで借入上限額が上がっていくのです。
もちろん最初から高額の融資を希望する場合は、少額の融資を希望せずに必要な額を申しこんでみてくださいね。

 

上記の金利ですが、最近は無利息期間サービスを提供する消費者金融が増えていますので金利を支払わずに借入ができるようになっています。
一定期間内に借入・返済を終えることができるのであれば、その無利息サービスを利用して借入をするといいですよ。