どんな人が審査に落とされるの?

審査

キャッシングに申し込むなら誰だって審査には落ちたくありませんよね。
自分は大丈夫と思っていても、いざ審査を受けてみると落とされた…そんなことは珍しくありません。
では審査に落ちてしまう人はどんな人なのでしょうか?

 

審査に落ちてしまう理由にはいくつかあります。
最も多いのは書類の不備でしょう。
例えば勤務先情報に誤りがある、他社からの借り入れがあるのにないことにしているなどです。
これらのことは調べるとわかってしまうことなので、嘘をついてもバレてしまいます。
情報を入力したら必ず誤りがないかを確認してくださいね。

 

他の理由としては年収の三分の一を超えていることがあります。
総量規制の対象となっている他社の消費者金融などで借りており、その総額が年収の三分の一を超える場合は借入ができません。
これを知らずに申し込んでしまい、審査に落ちる人もいるようです。

 

その他には過去に金融事故を起こしたことがある人が挙げられます。
金融事故とは公共料金などを延滞したことがある、または債務整理をしたことがある人です。
これらの人はブラックリストに載っている可能性が高く、ブラックリストに載っている場合は新規の借り入れが難しくなります

 

審査に落ちる人の特徴としてはこういった理由があります。
審査に落ちてもその理由について教えてもらうことはできませんので、その理由について自分で調べる必要があります。
何か思い当たる点はないか考えてみましょう。